人間中身が大事、そう言われる事がありますね。心や考え方がとても大事なのはSNSなんかでも色んな啓発の言葉があったりしながら、意識されている方も多いと思います。ですがこんな言葉もあります。見た目が8割。初対面の人の判断基準ですね。清潔感や顔の作り方など、見た目の印象で大きく変わってしまいます。

そんな中、歳を重ねるにつれてどうしても努力ではカバーし辛い見た目もあります。その一つが髪の毛です。肌や筋肉のように歳と共劣化しつつも見た目大きな影響がある部位です。だったら仕方ない、と腹をくくる人もいるかもしれませんが、人間の医学の発達は凄いです。

まだまだ諦めたくない人は育毛剤に頼っているはずです。しかし本当に薬を頭につけるだけで運命とも言える身体の劣化に逆らえるのでしょうか。

■育毛と発毛
あまり髪の毛に悩みが無い人は違いを気にされた事が無いかもしれませんね。育毛は短い毛を伸ばす事で、発毛は髪の毛が無い状態から毛を生やす事です。似ているようでこの2つは随分違います。育毛が回復なら発毛は生き返り。育毛剤を検討する前にまずは自分に必要なのは育毛なのか発毛なのか、それをチェックする事が必要です。

■毛が伸びる薬は無い
毛が短い状態から魔法の様に伸びていく。育毛剤にそんな風に期待している人も多いかもしれませんが、今の所そんな風につけても毛が伸びる薬はほとんど無い様です。発毛効果のある成分としてミノキシジルという物がある様ですが、それでも産毛が少し生える程度という事です。

■洗浄と体質改善
では世の中で売られている育毛剤とは一体どういうものなのか。色んな種類の物が売られていますが、大きな成分としては2つです。まずは洗浄。汗水流して学問、勤労、そしてそこにストレスがかかってくると普段あまり目に出来ないと思いますが、毛穴には相当の汚れが溜まっていくのです。

その汚れが髪の毛の元気を無くしてしまっているのです。それを除いてあげるのがまず育毛剤の役目の1つです。2つ目は栄養不足のよる育毛の妨げを防ぐ事です。歳を重ねると自然に代謝が落ち、身体能力が低下していきます。それにより栄養の吸収力も落ち、身体の各箇所に必要な栄養が上手く行き届かなくなります。

コマーシャル■フィナロ1mg(フィナステリド)の個人輸入なら送料無料のアイドラッグマート http://www.idrugmart.asia/kaizen/finalo.html

どんなにつけても毛が生えるとは限らないってどういう事!?フィナステリドなどの育毛剤の真実

それによって髪の毛も元気を無くてしまうので直接栄養を与えてあげるのです。この2つの効果で育毛を目指すというのが育毛剤の効果です。更に女性に関していうと特有の抜け毛、薄毛もあります。こちらはホルモンバランスが大きく影響していますが、こちらもまた別のページでお話しようと思います。
 
■頭皮の栄養とは
 では具体的にどんな栄養が頭皮には必要なのでしょうか。頭皮に必要なのは主にビタミン系の栄養です。ビタミンB2、B6が過酸化皮質を防ぐ事が出来ます。ビタミンCはコラーゲンを生成を促し、血管や粘膜を丈夫にしてくれます。ビタミンEは老化防止効果があります。

これらは育毛剤によって配合され方が違いますので、購入する前にしっかり成分をチェックする必要があります。それぞれの要素が具体的にどの様に毛根に作用するかはまた別の機会にご紹介します。育毛剤と一口に言ってもその成分は色々の様です。

まずは自分の髪の毛の状態と特徴を知る事が大事です。毛穴が詰まり易いのか、栄養が不足がちなのか等それを知った上で育毛剤を選びましょう。当然各育毛剤にも力を入れている箇所が違うので、そこをしっかり調べてから手に取りたいですね。間違った製品を選ぶと逆に毛が抜けてしまったり、フケが増えたり、皮膚が痛んだりする事もある様です。

中には海外から輸入された製品もあり、知らずに買ったら大変な事になったという事例もあるそうです。それについては他のページで触れていきたいと思います。まずは自分の髪の毛の状態の診断、ここから始めていきましょう。

『フィナステリドを使用するにあたって知っておかなければいけないこと』のサイトマップ